TED和訳まとめ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TED和訳まとめ

TEDとは世界の叡智が講演をおこなう極上のカンファレンスです。

幸せになりたいですか? ならば、感謝しましょう


僧侶
ベネディクト派の修道士であるDavid Steindl-Rast兄弟は感謝の穏やかな力を瞑想し、執筆しています. Full bio

0:11


皆さんは 私について それも とても個人的なことで 知っていることがあります 私もまた 皆さんについて 知っていることがあります 皆さんの関心事の中でも 特に重要なことです 私たちには知っていることがあります 世界のどこで出会った人であれ 道ですれ違った人であれ すべての人について その人が何をしていようと 何と闘っていようと その原動力となっているものを 知っているのです それは私たち皆が持っている― 幸せになりたいという気持ちです これは皆 同じなのです 幸せをどのように考えるか その考え方は違っても 幸せになりたいという気持ちは 私たち皆が共有しているものなのです


1:08


さて 本日のテーマは 感謝の心ですが 幸せと感謝の心には どんな関係があるのでしょうか? 多くの人が言うでしょう 「そんなの簡単だ」 「人は幸せな時に感謝をする」 でも もう一度考えてみてください 幸せな人が感謝しているというのは 本当でしょうか? 幸せになるために 全てを手に入れても また別の物や もっと多くの物を 欲しがるために 幸せでない人が 大勢いるということを 私たちは皆 知っていますね 私たちは また 誰もが決して望まないような不運を たくさん背負っていながら 心の底から幸せな人たちを 知っています 彼らは幸せに溢れていて 驚かされます なぜでしょう? 彼らに感謝の心があるからです 幸せが 感謝をもたらすのではなく 感謝が 私たちを幸せにしてくれるのです もし 幸せが感謝を もたらすと考えているなら 考え直してください 感謝が 私たちを幸せにしてくれるのです


2:25


さて それでは 感謝とは一体 何なのでしょう? どのような仕組みで 起こるのでしょうか 振り返ってみてください 皆さん 経験から 心当たりがあるはずですよ 誰でも 自分にとって 貴重な体験をしているものです とても貴重である経験が 与えられているという ありがたい組み合わせなのです 貴重であると同時に 真の授かり物でなくてはなりません 買った訳ではなく 勝ち取ったのでもない 取引や努力で得た訳でもない あなたに授けられた物です この2つが同時にやってきたとき 自分にとって本当に貴重で しかも それが無償で 与えられていると気づいたとき 私の心に自然と 感謝の気持ちが 湧いてきます 幸せの感情も 自然と湧き上がってきます 感謝の気持ちは このように起こるのです


3:30


ここで重要なことは このような経験は 稀である必要はなく 感謝が単なる 経験である必要もないのです 感謝の気持ちを持って 生きることができるはずです 感謝して生きる それなのです では 感謝して生きるには どうすればいいのでしょう? 一瞬一瞬が授けられているのだと 体感し 意識することです 授かり物です 勝ち取ったのではありません そこにあなたの力は 働いていません その瞬間がまた与えられる保証は どこにもありません しかし それこそが 私たちに授けられた もっとも貴重なものなのです この一瞬に すべての可能性が 秘められているのです もし 今この瞬間が なかったとしたら 私たちは 何の機会も与えられず 何も経験できません この一瞬は 授かり物なのです 授けられた瞬間なのです


4:42


この授けられた瞬間に 秘められた贈り物― それは「機会」です 本当にありがたいのは 与えられた事物ではなく その機会なのです もし その物が 別の所にあって それを楽しんだり それで何かをしたりする 機会を得られなかったら 感謝の気持ちは持てないのです 機会は すべての授かり物の中に 存在します こんな諺がありますね 「逃したチャンスは戻って来ない」 もう一度 考えてみましょう 一瞬一瞬が新しい授かり物で 何度も繰り返されます もし この瞬間の機会を逃しても 次の瞬間が与えられ また次の瞬間がやってきます この機会を利用することもできれば 逃すこともできます もし その機会を 生かすことができれば それが幸せへの鍵となります 幸せへのマスターキーを しっかり つかむのです どの一瞬にも 授かったことに対して 感謝できます


5:52


では 私たちはいかなることにも 感謝できるでしょうか? それは 無理です 暴力や戦争 迫害や搾取には 感謝できません 個人的なレベルでは 友達を失うことや裏切り 死別などに 感謝はできないでしょう すべてに感謝できる訳ではない とはいえ― 与えられた全ての瞬間に秘められた 機会には 感謝できるのです たとえ 非常に難しい状況に 直面したとしても その難局に立ち向かい 与えられたその機会に 応えることができます 意外と悪くないものですよ 実際に見て 経験すると 大抵の場合 与えられたものは 楽しむ機会なのだと気づきます それを逃してしまうのは 人生を急ぎすぎて 立ち止まらず その機会を認識していないからです


7:00


しかし 時には 大きな困難に襲われることもあります そんな時は その困難という機会に 立ち向かうことが課題なのです 痛みを伴うこともありますが それを学ぶことによって 立ち向かえるようになります 例えば 忍耐を学ぶということです 平和への道は 短距離走ではなく マラソンのようだと言われます 忍耐力が必要で 難しいことです それは自分の意見や信念のために 立ち上がることかもしれません その機会が私たちに 与えられているのです 学ぶ 耐える 立ち上がる その機会が与えられているのです でも機会は機会でしかなく 私たちが称賛するのは その機会を生かす人たちです 機会を生かし― 人生を意味あるものにしている人たちです 失敗しても 次の機会が与えられます いつでも次の機会があるのです これが人生の素晴らしく 豊かなところです


8:09


では どうしたら この素晴らしさを 生かせるようになるでしょうか 私たち一人ひとりが 感謝して生きる方法は どうすれば見つかるのでしょう たまに感謝するのではなく 一瞬一瞬に感謝する方法です どうすれば良いのでしょう とても単純な方法です 実は子供の頃に良く言われていた 簡単なことです 横断歩道を渡る時に習いましたね 止まる 見る 進む それだけのことです しかし私たちは めったに立ち止まりませんね 私たちは人生を駆け抜け 止まらないのです 止まらないために 機会を逃します 立ち止まらなくてはなりません 心を静かにするのです 私たちは人生にも 「とまれ」の標識を 立てておかなければなりません


9:02


数年前 私はアフリカに滞在して 戻ってきてから 水に気を留めるようなりました 私がいたアフリカの地域には 飲める水がありませんでした 蛇口をひねるたびに 胸がいっぱいになりました 電気をつけるたびに とてもありがたくて 幸せを感じました でも その感覚は 長続きしません そこで 電気のスイッチと蛇口に シールを貼りました 蛇口をひねるたびに 「水」を意識するためです やり方はそれぞれです 思いつくままに 自分に合う方法で構いません とにかく皆さんの人生に 「とまれ」は必要なのです そして 立ち止まったら 次は 見ることです 目を大きく開いて よく見るのです 耳を澄まし 嗅覚も研ぎ澄ましましょう すべての感覚を大きく開いて 与えられたこの素晴らしい豊かさを 受け入れましょう 終わりはありません 与えられた物を楽しむ それが人生なのです


10:05


すると 心も開くのです 与えられた機会に 心を開きましょう 他の人を助け 幸せにする機会にも 心を開きます なぜなら 私たちにとって 一番の幸せは 皆が幸せであることだからです 機会に心を開くと 行動につながります これが3つ目です 止まる 見る そして進む つまり行動に移すのです 私たちにできることは 今この瞬間 私たちに与えられているのです 大抵は楽しむための機会ですが 時にはもっと難しいものである 場合もあります


10:50


しかし 何であろうと 機会を利用すれば 何とかなるものです 人間は創造的ですからね そして この 「止まる 見る 進む」という― ちょっとした意識が 世界に革命をもたらすほどの 力を持った種なのです というのも 私たちは 今この瞬間 意識改革の真っ只中にいます この変化に皆さんは 驚くでしょう 「感謝」や 「感謝の気持ち」という言葉を あまりによく聞くので 私はいつも驚いています 様々なところで目にします 飛行機に乗れば「感謝」 レストランに行けば「感謝」 「感謝」と名のついたカフェやワイン そうそう トイレットペーパーでさえ 「ありがとう」なんて名前のがあります (笑) 感謝への意識が高まっているのです 人々が 感謝の大切さと 世界への影響力に 気づき始めたためです これは非常に重要な形で 世界を変える可能性があります なぜなら 感謝の気持ちがあれば 恐れることはなく 恐れることがなければ 暴力的にはならないのです 感謝の気持ちがあれば 行動の元となるのは― 不足感ではなく 満足感ですから 分かち合う心も生まれます 感謝の気持ちがあれば 人々の違いを楽しみ 全ての人を尊重するでしょう これが世の中の 力関係のピラミッドを 変えていきます


12:22


平等になる訳ではありませんが 平等に尊重されるようになります そこが重要です 世界の未来はネットワーク型になります ピラミッド型でも 逆ピラミッド型でもありません 私の言っている革命とは 暴力のない革命です とても革新的で 革命の概念さえも 根本から変えるような革命です なぜなら 普通の革命では ピラミッドを逆さまにするだけですから 底辺にいた人たちが頂点に立ち それ以前とまったく同じことが 繰り返されるのです 必要なのは 小さなグループのネットワークです お互いを知っていて― 交流し合う 小さなグループ それが 感謝の世界なのです


13:13


感謝の世界は 喜び溢れる人々の世界 感謝する人々は 喜び溢れる人々です 喜び溢れる人々が 増えれば増えるほど 喜び溢れる人々が 増えれば増えるほど 私たちの世界は 喜び溢れるものになります 感謝する生き方のための ネットワークを運営していますが ネットワークは 急速に広がってきています なぜ拡大したのか 分かりませんでした 感謝の気持ちが湧いたら キャンドルを灯すよう呼びかけました 10年で 1500万本のキャンドルが 灯りました 10年で 1500万本のキャンドルが 灯りました 人々は気づき始めているのです 感謝の世界が 幸せな世界だということに そして私たちは皆 「止まる 見る 進む」を 行うだけで 世界を幸せなものに変える機会を 得るのです これが私の望みです この話を聞いて 自分もやってみたいと 少しでも思ったら 実行してください 「止まる 見る 進む」


14:15


ありがとうございました


14:16


(拍手)

 

 

 

www.ted.com

 

僧侶
ベネディクト派の修道士であるDavid Steindl-Rast兄弟は感謝の穏やかな力を瞑想し、執筆しています. Full bio